システム手帳のサイズについて

手帳を見ているキャリアウーマン

システム手帳は、さまざまなサイズで提供されています。それぞれのサイズには特徴や用途があり、使用目的や持ち運びの頻度、手の大きさなどに合わせて選ぶことができます。以下、主なシステム手帳のサイズとその特徴を詳しくご紹介します。

A4サイズ

  • サイズ: 約297mm × 210mm
  • 特徴:
    • ページが大きいため、詳細な情報を書き込むスペースが十分にあります。
    • 表やグラフを使用する場合や、ドキュメントを挟み込む場合に適しています。
  • 用途:
    • プレゼンテーションの資料として。
    • 研究やプロジェクトの詳細なノートとして。
    • ビジネスのワークフローを詳細に記載する際など。
  • 主なユーザー: ビジネスマン、研究者、プロジェクトリーダー

2. A5サイズ

  • サイズ: 約210mm × 148mm
  • 特徴:
    • 最もスタンダードなサイズで、日常使いには最も適している。
    • 一般的な書店などでリフィルやアクセサリーの選択肢が豊富。
  • 用途:
    • 日常のスケジューリングやメモ。
    • 読書の感想や学習のノートとして。
    • 会議のノートやアイディアのメモなど。
  • 主なユーザー: 一般消費者、学生、ビジネスマン

3. A6サイズ

  • サイズ: 約148mm × 105mm
  • 特徴:
    • 軽量で持ち運びやすい。
    • 短時間のスケジューリングやメモに適している。
  • 用途:
    • 外出先でのメモやスケジュールのチェック。
    • 予定やToDoの短期間のリスト。
    • 買い物リストやレシピのメモなど。
  • 主なユーザー: 外出先が多いビジネスマン、主婦、学生

4. ミニサイズ/パーソナルサイズ

  • サイズ: 約95mm × 171mm
  • 特徴:
    • 縦長で、ページの使いやすさと持ち運びやすさのバランスが取れている。
    • 女性のハンドバッグにも収納しやすい。
  • 用途:
    • 個人の日常の予定や短いメモ。
    • アドレス帳や連絡先の管理。
  • 主なユーザー: ビジネスウーマン、学生、一般消費者

5. バイブルサイズ

  • サイズ: 約170mm × 95mm (ブランドや製造元によって微妙にサイズは異なることがある)
  • 特徴:
    • パーソナルサイズと似ているが、国やブランドによってはこの名称で呼ばれることも。
    • クリスチャンの間で使われる「バイブル」と同じサイズ感からこの名がついたと言われている。
  • 用途:
    • 信仰に関するノートやメモ。
    • 日常の予定やメモ。
  • 主なユーザー: クリスチャン、ビジネスマン、一般消費者

システム手帳のサイズや種類は多岐にわたりますので、使用目的や持ち運ぶ頻度、収納する情報の量や種類によって適切なサイズを選ぶことが重要です。

thank you の文字
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次