東京ニーチェの構造について

東京ニーチェの構造について

東京ニーチェ全体の投稿記事を「個体」,「相互作用」,「環境」に整理しました.下のように図にしました.これは認知行動療法の模式図をヒントに作成しました.「環境」から情報を入力し,「個体」の中でそれらが反応し,「相互作用」として出力されるという仕組みになっています.この流れが良循環で実現されて,「今を生きるのに役に立つように」という狙いで,投稿しています.認知行動療法の枠組みがヒントになっています.なお,東京ニーチェは情報提供のみを目的としており,医療上のアドバイスや診断を行うものではありません。

環境

相互作用

個体