2024年7月7日(日)のご挨拶

銀河
ご挨拶のバナ-
ご挨拶のバナ-
目次

ご挨拶と東京の天気・東京

7月7日(日)、猛暑の7月7日を迎えるにあたって

こんにちは、皆さん!

7月7日(日)の東京の天気は、晴れ時々曇りで、最高気温は36℃、最低気温は26℃となっています。非常に暑い日が続いており、特に日中の暑さは厳しいものとなるでしょう。降水確率は朝方から夜まで10%前後と低く、南の風がやや強く吹く予報です。また、波の高さも徐々に上がり、0.5メートルから1メートルとなる見込みです。

特に注目すべきは、東京都の熱中症情報です。「極めて危険」とされており、外出を控え、運動は中止するよう強く呼びかけられています。皆さんの安全と健康を守るため、次の点に気をつけてください。

  1. 外出を控える: できるだけ涼しい室内で過ごし、不要不急の外出は避けましょう。
  2. 水分補給: こまめに水分を摂り、脱水症状を防ぎましょう。スポーツドリンクなどで塩分も補給するのが効果的です。
  3. 冷房を活用する: 室内でも熱中症になることがあります。エアコンや扇風機を使い、室温を適切に保ちましょう。
  4. 適切な服装: 通気性の良い、軽い服装を心掛け、直射日光を避けるため帽子や日傘を利用しましょう。
  5. 休憩を取る: 屋外での活動が必要な場合は、定期的に涼しい場所で休憩を取りましょう。

皆様の健康と安全が最優先ですので、猛暑の中での無理な活動は避け、体調管理に十分注意してください。これからも皆さんが元気に過ごせるよう、役立つ情報をお届けしていきます。

7月7日(日)の天気・東京

晴時々曇晴時々曇 36℃[+1] 26℃[0]
時間 0-6 6-12 12-18 18-24
降水 10% 0% 10% 10%
風:
南の風23区西部では南の風やや強く
波:
0.5メートル後1メートル

東京都の熱中症情報

極めて危険

外出を控えて運動は中止を

東京都の熱中症情報

今日は何の日(取り上げた話題は太字です)

  • タツノオトシゴの日
  • Doleバナ活の日
  • リアル脱出ゲームの日
  • 手織りの日
  • ナツコイの日
  • ダヤンの誕生日
  • ハスカップの日
  • コンペイトウの日
  • 橋本会計の安心会計の日
  • みんなで土砂災害の減災を願う日
  • 特撮の日
  • 生パスタの日
  • ソサイチ(7人制サッカー)の日
  • ドリカムの日
  • ムーニーちゃんのお誕生日
  • 糸魚川・七夕は笹ずしの日
  • 高菜の日
  • 笹かまの日
  • アルティメットの日
  • 赤しその日
  • カルピスの日
  • びっくりぱちんこの日
  • メリーのサマーバレンタインデー
  • その他の記念日
  • ポニーテールの日
  • 七夕

七夕のストーリーと噂

七夕のストーリー

七夕(たなばた)は、日本の伝統的な祭りで、毎年7月7日に祝われます。この祭りは、織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)の伝説に基づいています。

伝説の概要

昔々、天の川のほとりに織姫という美しい女性が住んでいました。織姫は天の川の王である天帝(てんてい)の娘で、機織り(はたおり)の名手でした。彼女は一日中、機を織り続け、美しい布を作り出していました。しかし、働きすぎている娘を心配した天帝は、彼女に休息を与えるために、牛飼いの彦星と引き合わせました。

二人は一目で恋に落ち、結婚しました。しかし、結婚後、織姫は機織りを、彦星は牛の世話を怠るようになってしまいました。これに怒った天帝は、二人を天の川の両岸に引き離し、年に一度、7月7日の夜だけ会うことを許しました。

その日が雨の場合、天の川の水かさが増して二人は会えなくなりますが、カササギの群れが橋を架けて二人を助けるという話もあります。

七夕のうんちく

中国からの伝来

七夕の伝説は中国の「乞巧節(きこうせつ)」が起源です。乞巧節は、織女(しょくじょ)と牽牛(けんぎゅう)の伝説に基づいており、奈良時代に日本に伝わりました。

日本独自の風習

日本では、平安時代に宮中行事として取り入れられ、江戸時代には一般庶民の間にも広がりました。特に、竹笹に願い事を書いた短冊を飾る習慣は日本独自のものです。

天の川

天の川は、日本では「銀河(ぎんが)」や「星河(せいが)」とも呼ばれ、織姫と彦星が住むとされる場所です。この天の川は、夏の夜空に見ることができる天体現象で、星々が帯状に集まって見える様子が「川」に例えられました。

五色の短冊

七夕の飾りには、五色の短冊(青、赤、黄、白、黒)が使われます。これらの色は、中国の五行思想(木、火、土、金、水)に由来しており、それぞれが異なる願いを象徴しています。

現代の七夕祭り

現在、日本各地で七夕祭りが開催されます。特に有名なのは、仙台の七夕祭りや平塚の七夕祭りです。これらの祭りでは、華やかな飾りやパレード、屋台などが並び、多くの観光客が訪れます。

七夕は、ロマンチックな伝説と共に、願い事をする機会として現代でも大切にされています。

七夕と都市伝説

七夕にまつわる都市伝説

1. 涙雨の噂

七夕の夜に雨が降ると、それは織姫と彦星が会えずに流す涙だとされています。この「涙雨」は、恋人たちの別れの悲しみを象徴し、七夕のロマンチックな雰囲気をさらに盛り上げます。

2. 願い事が叶う力

七夕の日に短冊に願い事を書いて笹に飾ると、その願いが叶うと言われています。この習慣は広く行われており、特に子供たちや恋人同士が願いを託すことが多いです。

3. 天の川の伝説

七夕の夜に天の川を見ると、織姫と彦星の愛の力を感じられるという都市伝説があります。特に天の川がよく見える場所では、恋愛成就のご利益があると信じられています。

4. カササギの橋

雨の日にはカササギ(鵲)が橋を架けて織姫と彦星を助けるという伝説があります。このため、七夕の日にカササギを見かけると良いことが起こると言われています。

5. 七夕と恋愛運

七夕の日に特別なデートをすると、そのカップルは長く幸せに続くという噂があります。特に夜空の下でのデートはロマンチックな雰囲気を高め、二人の絆を深めると言われています。

6. 織姫と彦星の役割

七夕の前夜に織姫のように美しい女性と彦星のように強い男性に出会うと、その年は幸運が訪れるという噂があります。これにちなみ、七夕の夜に特別な出会いを期待する人々もいます。

7. 七夕とUFO

一部の地域では、七夕の夜にUFOが出現するという噂があります。天の川を渡る宇宙船が、織姫と彦星を運んでいるのではないかという話が広まり、UFO愛好家の間で注目されています。

七夕の楽しみ方

七夕は、織姫と彦星の伝説に基づくロマンチックな祭りですが、その背景には多くの噂や都市伝説が存在します。これらの噂を楽しみながら、七夕の夜を過ごすことで、より一層特別な体験ができるでしょう。

七夕の夜には、短冊に願い事を書いて笹に飾り、星空を眺めながらロマンチックなひとときを楽しんでください。こうした噂や伝説を信じることで、七夕の魅力がさらに深まります。

七夕
七夕

誕生花

  • アベリア「強運」「謙虚」
  • スイレン「清純な心」「信頼」
水連

誕生日 (取り上げた人物は太字です)

  • 2005年 小島凪紗(櫻坂46・タレント)
  • 1997年 生田衣梨奈(モーニング娘。・歌手)
  • 1982年 中野美穂(タレント)
  • 1978年 MISIA(ミュージシャン)
  • 1974年 河本香織(アナウンサー)
  • 1972年 星奈々(タレント)
  • 1968年 青山知加子(女優)
  • 1968年 島田順子(アナウンサー)
  • 1964年 堤真一(俳優)
  • 1964年 浜谷淳子(FLYINGKIDS歌手)
  • 1960年 王様(ミュージシャン)
  • 1953年 研ナオコ(歌手・タレント)
  • 1949年 上田正樹(ミュージシャン)
  • 1945年 青江三奈(歌手)
  • 1943年 結城美栄子(女優)
  • 1940年 リンゴ・スター(ビートルズ・ミュージシャン)
  • 1922年 ピエール・カルダン(ファッションデザイナー)
  • 1918年 近江俊郎(歌手・作曲家)
  • 1918年 堀田善衛(作家)
  • 1904年 宇野信夫(劇作家)
  • 1901年 ビットリオ・デ・シーカ(映画監督・俳優)
  • 1899年 ジョージ・キューカー(映画監督)
  • 1893年 マヤコフスキー(詩人)
  • 1887年 シャガール(画家)
  • 1860年 マーラー(作曲家)
  • 1844年 陸奥宗光(政治家・外交官)

マルク・シャガールのご紹介

名前: マルク・シャガール (Marc Chagall)
生年月日: 1887年7月7日
没年月日: 1985年3月28日
出身地: ロシア帝国(現ベラルーシ)、ヴィテブスク

職業: 画家、彫刻家、版画家

経歴とスタイル: マルク・シャガールは、20世紀の芸術家の中でも特に独創的で詩的な作風を持つことで知られています。彼の作品は、色鮮やかなパレットと夢幻的なイメージで満たされ、しばしばユダヤ教の伝統やロシアのフォークロア、彼自身の人生経験が反映されています。

  • 初期の経歴: シャガールは、1887年にロシア帝国のヴィテブスクに生まれました。1906年にサンクトペテルブルクに移り、芸術を学び始めます。1910年にはパリに移住し、ピカソやマティスといった著名な芸術家と交流を持ちました。
  • パリでの活動: パリでは、シャガールの独自のスタイルが確立され、色鮮やかで幻想的な作品が生み出されました。彼の作品には、浮遊する人物や動物、逆さまの風景などがよく登場し、これが彼のトレードマークとなりました。
  • 戦争と亡命: 第二次世界大戦中、シャガールはナチスの迫害から逃れるためにアメリカに亡命しました。この期間中も創作活動を続け、多くの作品を発表しました。
  • 晩年: 戦後はフランスに戻り、ステンドグラスや壁画などの公共芸術作品も手掛けました。彼の作品は、世界中の主要な美術館に収蔵されています。

代表作

  1. 『私と村』 (1911年)
    • パリ時代の代表作で、幻想的な村の風景が描かれています。
  2. 『エッフェル塔の恋人たち』 (1928年)
    • パリへの愛と彼の詩的なイメージが融合した作品。
  3. 『シャンデリアの下の結婚式』 (1950年)
    • 色鮮やかで象徴的な結婚式の場面。
  4. 『バイオリンを弾くクラウン』 (1960年)
    • シャガールの特徴的な浮遊感と音楽への愛情が表現された作品。

歴史・出来事

  • 1937年 蘆溝橋事件(日中戦争の発端)
  • 1960年 メイマン、レーザーを発見、発表

最近の人気記事のご紹介

あわせて読みたい
「集中力の極意」フロー心理学入門 – ミハイ・チクセントミハイの教え 【目次】 イントロダクション フロー心理学の概要とミハイ・チクセントミハイの紹介 フローの定義とその重要性 第1セクション: フローの心理学的基礎 フロー理論の歴史...
あわせて読みたい
フローの心理学:持続可能な集中力を高める最新テクニック 「精神(人生の羅針盤)」のロゴ 【第1章: はじめに】 1.1 フローの心理学とは 結論: フローの心理学は、最高のパフォーマンスと満足感を得るための重要な鍵です。フロー...

読書の皆様へ

猛暑の7月7日を楽しむ家族で楽しめるお手軽な食事紹介

こんにちは、皆さん!

7月7日(日)は猛暑が予想される週末です。最高気温は36℃に達する見込みで、外出は控えめにして、家族で快適に過ごすのが賢明です。そんな暑い日にぴったりの、家族で楽しめるお手軽な食事を紹介します。おうちでゆっくりと楽しめる美味しいメニューで、暑さを乗り切りましょう!

1. 冷やし中華

特徴: 冷やし中華は、夏の定番料理です。冷たい麺にきゅうり、ハム、卵、トマトなどの色とりどりの具材をトッピングし、さっぱりとしたタレをかけて楽しみます。子どもから大人まで、誰でも簡単に作れて、美味しく食べられます。

2. サラダうどん

特徴: サラダうどんは、茹でたうどんに新鮮な野菜をたっぷりのせて、和風ドレッシングやポン酢でいただく一品です。ヘルシーでボリュームもあり、暑い日にもぴったりのメニューです。鶏ささみやツナを加えると、さらに満足感がアップします。

3. フルーツサンド

特徴: フルーツサンドは、食パンにクリームとフルーツを挟んだシンプルなデザートです。イチゴ、バナナ、キウイなど、お好きなフルーツを使って作れます。見た目もカラフルで、子どもたちも喜ぶこと間違いなしです。

4. 冷やしそうめん

特徴: 冷やしそうめんは、夏の食卓に欠かせない一品です。茹でたそうめんを氷水で冷やし、めんつゆに薬味を添えていただきます。ネギや生姜、大葉などの薬味をたっぷり使って、さっぱりとした味わいを楽しめます。

5. アイスクリームパフェ

特徴: 暑い日のデザートにぴったりのアイスクリームパフェ。バニラアイスやチョコレートアイスに、フルーツやナッツ、チョコレートソースをトッピングして、自分だけのパフェを作りましょう。おうちでカフェ気分を味わえます。

これらのメニューは、どれも簡単に作れて家族で楽しめるものばかりです。皆様、素敵な週末を過ごしながら、おうちでお手軽に楽しめる美味しい食事を堪能してくださいね!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次