なぜシステム手帳を使うのでしょうか?

リング式のシステム手帳でデスクワーク

システム手帳を持っている人たちは、確かにスマートフォンや携帯電話を持っていますが、それでもシステム手帳を選ぶ理由がいくつかあります。以下、詳細にその理由や利用シーンを説明いたします。

1. 手書きの効果

  • 思考の整理:手で文字を書くことは、脳の思考を整理する作業でもあります。手書きには、考えを明確にし、記憶を強化する効果があるとされています。
  • 集中力の向上:デジタルデバイスでは、通知やSNS、メールなどの乱れた情報が頻繁に飛び込んできます。紙ベースのシステム手帳はそうした情報のない、集中できる空間を提供します。

2. カスタマイズ性

  • 自分仕様に:システム手帳は、リフィルやセパレーターなどを自由に組み合わせることができます。自分のニーズに合わせて、手帳の中身をカスタマイズすることが可能です。
  • 多機能:計画表からメモ、スケジュール、目標設定、趣味のトラッキングまで、様々な用途のリフィルが存在します。

3. 電源や通信に依存しない

  • いつでもどこでも:電池切れや通信トラブルを気にすることなく、いつでもどこでもアクセス可能です。

4. 手触りや所有感

  • 物理的な手触り:紙やカバーの手触り、ペンで書く感触など、物理的な満足感が得られることもシステム手帳の魅力です。
  • 成果の可視化:手書きで埋められていくページを見ることで、成果や達成感を物理的に感じることができます。

どんな人が使っているのか:

  1. ビジネスパーソン:会議のアジェンダやアイディアのメモ、プロジェクトの進行状況などを管理するために使用します。
  2. 学生:授業のスケジュールや課題、テストの勉強計画などを整理するために利用します。
  3. クリエイティブな職種の人:アイディアやスケッチを描きながら思考を整理するために使います。
  4. 家事や育児をしている人:家族のスケジュールや買い物リスト、育児日記などを記録するために活用します。
  5. 趣味を持つ人:旅行の計画、読書ログ、映画の感想など、趣味に関するメモや計画を書き留めるために使用します。

システム手帳の使用は、その人のライフスタイルやニーズに応じて多岐にわたります。一つのデバイスや方法がすべての人に合うわけではないため、自分に合った方法を見つけることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次