SMART原則ってご存じですか?

SMARTの法則の図

SMART原則は、目標設定の際に効果的な目標を立てるためのガイドラインとして広く知られています。各文字が示す要素を以下に詳細に説明します:

  1. S (Specific / 具体的):
    • 意義: 抽象的な目標よりも具体的な目標の方が達成するための行動計画を立てやすく、動機づけも高まります。
    • 質問例:
      • 何を達成したいのか?
      • どのような結果を期待しているのか?
      • どのようなアクションが必要か?
    • 注意点: あまりに詳細すぎると、その内容に縛られ過ぎて柔軟性を失うことがあるため、適切なレベルでの具体性を目指すこと。
  2. M (Measurable / 計測可能):
    • 意義: 計測可能な目標は、達成の進捗を確認しやすく、途中での修正や調整も容易になります。
    • 質問例:
      • どのように進捗を確認するのか?
      • どの指標やツールを使って計測するのか?
      • 達成したときにはどのような数値を見ることができるのか?
    • 注意点: 過度な計測は逆に効率を落とすことがあるため、重要な指標に絞り込むこと。
  3. A (Achievable / 達成可能):
    • 意義: 現実的な範囲での目標設定は、達成感を得ることができ、モチベーションの維持に繋がります。
    • 質問例:
      • 現在のリソースや状況で達成可能か?
      • どのような障害が予想されるのか?
      • 障害を乗り越えるためにはどのようなサポートやリソースが必要か?
    • 注意点: あまりに低すぎる目標は成長の妨げとなることもあるため、挑戦的でありつつも達成可能なバランスを見つけること。
  4. R (Relevant / 関連性がある):
    • 意義: 目標が大きなビジョンや目的に関連していると、その達成はより価値のあるものとなります。
    • 質問例:
      • この目標は長期的なビジョンや目的にどのように寄与するのか?
      • なぜこの目標を達成することが重要なのか?
      • 他の優先事項や目標との整合性は取れているのか?
    • 注意点: 時とともに状況や方針が変わることがあるため、定期的に関連性を再評価すること。
  5. T (Time-bound / 時間制限がある):
    • 意義: 期限が設定されていると、それを目指して効率的に行動することが促されます。
    • 質問例:
      • いつまでに達成するのか?
      • 中間のマイルストーンはあるのか?
      • 期限が適切であるかどうかの確認はどのように行うのか?
    • 注意点: 無理なスケジュールは品質を犠牲にすることがあるため、実現可能な期間を設定すること。

これらのポイントを考慮しつつ、目標設定を行うと、その目標の質が向上し、達成のための行動も明確になりやすくなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次