2024年7月11日(木)のご挨拶

ハイビスカス
ご挨拶のバナ-
ご挨拶のバナ-
目次

ご挨拶と東京の天気

7月11日(木)のご挨拶

こんにちは、皆さん!

7月11日(木)の東京の天気は、曇り一時雨で、最高気温は31℃、最低気温は26℃と少し過ごしやすい日が予想されています。降水確率は午前中が20%、昼から夕方にかけて40%、そして夕方から夜にかけて50%です。風は南の風が吹き、23区西部では南の風がやや強くなります。波の高さは1.5メートルです。

東京都の熱中症情報は「厳重警戒」とされています。外出時は炎天下を避け、無理をしないように心がけてください。

7月11日(木)の天気・東京

曇一時雨曇一時雨 31℃[-2] 26℃[-1]
時間 0-6 6-12 12-18 18-24
降水 20% 40% 50% 50%
風:南の風23区西部では南の風やや強く
波:1.5メートル

東京都の熱中症情報

厳重警戒

外出は炎天下を避けて

今日は何の日

  • 血管内皮の日
  • ダブルソフトの日
  • 大都技研の日
  • セブン-イレブンの日
  • ロコモコ開きの日
  • UDF(ユニバーサルデザインフード)の日
  • ラーメンの日
  • ロールちゃんの日
  • アルカリイオン水の日

7月11日はラーメンの日」について

ラーメン産業の振興・発展とともに、日本独自のラーメン文化を支えるのが目的。 日付は7と11の7をレンゲに、11を箸に見立てたことと、ラーメンを最初に食べた人物とされる水戸黄門(水戸光圀公)の誕生日(新暦・1628年7月11日)から。

ラーメン

誕生花

  • ハイビスカス「繊細な美」「新しい恋」
  • アカンサス「芸術」「技巧」
ハイビスカス

誕生日

  • 1991年 坂口健太郎(俳優)
  • 1985年 前田亜季(タレント)
  • 1985年 ジョナサン・セクストン(ラグビー)
  • 1980年 イム・スジョン(韓国・女優)
  • 1977年 リブ・タイラー(女優)
  • 1976年 古川栄司(俳優)
  • 1975年 葉月里緒菜(女優)
  • 1969年 前大輔(ブラックボックス・タレント)
  • 1968年 近藤サト(アナウンサー)
  • 1967年 高森えつこ(タレント)
  • 1965年 小牧ユカ(タレント)
  • 1962年 藤井フミヤ
  • 1958年 マーク・レスター(俳優)
  • 1958年 栃木孝夫(THE BOOM・歌手)
  • 1956年 草見潤平(俳優)
  • 1955年 野崎昌一(アナウンサー)
  • 1951年 斉藤洋介(俳優)
  • 1949年 沢田雅美(女優)
  • 1939年 久米邦武(歴史学者)
  • 1934年 ジョルジオ・アルマーニ(ファッションデザイナー)
  • 1931年 ザ・デストロイヤー(プロレス)
  • 1924年 多田美波(彫刻家)
  • 1921年 山内明(俳優)
  • 1920年 ユル・ブリンナー(米・俳優)
  • 1918年 中村竹弥(俳優)
  • 1892年 トーマス・ミッチェル(俳優)
  • 1628年(寛永5年6月10日) – 徳川光圀、第2代水戸藩主(+ 1701年)

徳川光圀の紹介

名前: 徳川光圀 (とくがわ みつくに)生年月日: 1628年7月11日没年月日: 1701年1月14日出身地: 江戸(現在の東京)

職業: 水戸藩第2代藩主、学者

経歴と生涯:

幼少期と教育

光圀は徳川家の一族として生まれ、幼少期から厳格な教育を受けました。特に儒学に深く傾倒し、その思想が彼の政治的姿勢に大きな影響を与えました。彼の教育には、孔子や孟子の教えが大きく取り入れられ、徳を重んじる姿勢が培われました。

水戸藩主としての活動

光圀は水戸藩第2代藩主として、藩政の改革や学問の振興に力を注ぎました。彼は藩内の法制度を整備し、農業や商業の発展を促進しました。また、治水工事やインフラ整備にも力を入れ、藩の経済基盤を強化しました。彼の治世は水戸藩の安定と繁栄をもたらしました。

『大日本史』の編纂

光圀は『大日本史』の編纂を開始し、日本の歴史を体系的にまとめることに尽力しました。彼の目標は、正確で公平な歴史を後世に伝えることでした。編纂事業には多くの学者を招き、膨大な資料を集めました。このプロジェクトは光圀の死後も続けられ、完成までに数百年を要しました。

教育と文化の振興

光圀は教育の重要性を認識し、藩士や領民の教養向上に努めました。彼は学問所を設立し、学問の普及を図りました。また、文化活動にも積極的に関与し、詩や書道、絵画などの芸術を奨励しました。光圀の時代には、多くの優れた文化人が輩出されました。

徳川光圀のウソとホント

徳川光圀(とくがわ みつくに)、通称「水戸黄門」として知られる彼は、江戸時代の日本で非常に有名な人物です。その人生と業績については多くの逸話と伝説が存在しますが、どれが事実でどれがフィクションなのかを見極めるのは容易ではありません。ここでは、徳川光圀に関するウソとホントを探り、その真実の姿を紹介します。

ウソとホント

ウソ: 水戸黄門は全国を巡って悪を討ち、正義を実現したテレビドラマ『水戸黄門』で描かれるように、光圀が全国を巡って悪党を討つというエピソードはフィクションです。実際には、光圀はそのような冒険をすることなく、主に水戸藩内で活動していました。

ホント: 『大日本史』の編纂に尽力した光圀は『大日本史』の編纂を開始し、歴史学者としての役割を果たしました。この大規模な歴史書の編纂は、彼の学問的な関心と国家への貢献を示しています。『大日本史』は日本の歴史を網羅的に記述したもので、彼の死後も編纂は続けられました。

ウソ: 光圀は「印籠」を持っていたテレビドラマでは、光圀が「これが目に入らぬか!」と言いながら印籠を見せるシーンが有名ですが、これはフィクションです。実際の光圀がそのような印籠を持っていたという記録はありません。印籠は江戸時代の一般的な装飾品であり、特に光圀に関連したものではありません。

ホント: 光圀は義理と情を重んじた光圀は義理と情を重んじる人物であり、藩士や領民に対してもそのような姿勢を持って接していました。彼の人柄は多くの人々に尊敬されており、彼の統治下で水戸藩は安定と繁栄を享受しました。

ウソ: 光圀は忍者を使っていた忍者を使って情報収集や暗殺を行っていたという話もありますが、これもフィクションです。光圀が実際に忍者を使ったという証拠はありません。この種のエピソードは後世の創作によるものであり、史実に基づいていません。

ホント: 光圀は教育に力を入れた光圀は教育にも力を入れ、水戸藩内の学校を充実させました。これにより、藩士や領民の教養を高めることに尽力しました。彼は学問を重んじ、藩士のために学問所を設立し、教育の普及と向上を図りました。

歴史・出来事

  • 1854年 国旗制定の幕府令
  • 1893年 御木本幸吉真珠の養殖に成功
  • 1950年 日本労働組合総評議会結成
  • 1966年 第1回全日本サーフィン大会開催

最近の人気記事のご紹介

あわせて読みたい
仕事に取り掛かれないときの対処法:自分に合った方法を見つけよう 【目次】 はじめに タスクを具体的に分解する タイムボックス法を試す 作業環境の変更 優先順位を明確にする 報酬を設定する 体を動かす 目標を明確にする 仲間とのコミ...
あわせて読みたい
マズローの視点:日々の生活とビジネスに活かす心理学 【】 はじめに マズローの欲求階層説の概要 今日の世界における重要性 マズロー理論の基礎 五つの欲求レベルを理解する 歴史的背景と進化 職場におけるマズロー 従業員...
あわせて読みたい
成功への道:良い習慣を定着させるための究極ガイド 【目次】 はじめに:習慣の力 習慣が人生に与える影響 良い習慣を身につける重要性 明確な目的の設定 目的の重要性 具体的な目標の設定方法 小さなステップから始める ...

読書の皆様へ

暑さ対策のアイディア

1. 自宅でのリラックス法

アロマセラピー: ラベンダーやペパーミントなどの精油を使って、リラックスしながら涼を取ることができます。アロマディフューザーを使用して、室内を爽やかな香りで満たしましょう。

2. 水分補給と栄養補給

水分補給: 水やスポーツドリンクに加え、ココナッツウォーターもおすすめです。電解質を補給しながら水分を摂ることができます。 栄養補給: 冷たいスムージーやフルーツサラダを摂ることで、ビタミンとミネラルを補給しながら、体を冷やすことができます。

3. 快適な睡眠環境の整備

冷却寝具: 冷却マットや冷却枕を使用して、寝苦しい夜を快適に過ごしましょう。 エアコンのタイマー設定: 夜間にエアコンを適切に使い、室温を快適に保つようにしましょう。

4. 涼を取る工夫

氷のカーテン: 窓際に氷を入れたバケツを置き、風が通るたびに冷たい空気が室内に入るようにする簡単な方法です。 水風船: 水風船を冷凍庫で冷やし、首や脇の下に当てると効果的に体を冷やすことができます。

5. 適度な休息とリフレッシュ

ミントティー: 暑い日にぴったりのミントティーでリフレッシュしましょう。ホットでもアイスでも楽しめます。 足浴: ぬるめの水で足浴をすることで、全身の体温を下げる効果があります。

最後に

皆様、暑い日が続く中での体調管理は非常に重要です。無理をせず、こまめな水分補給と休息を心がけてください。心地よいリラックス法や栄養補給の工夫で、少しでも快適にお過ごしいただければと思います。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。どうぞお体を大切にお過ごしください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次