【現代人の心を救う】認知行動療法って何だろう!

目次

多様化する社会や常に変化し続ける環境

現代人は、ストレスや不安、うつなどの精神的な問題に悩まされる人が増えています。その原因は、多様化する社会や、常に変化し続ける環境などが挙げられます。

実は、現代人の約70%が、何らかの精神的な問題を抱えていると言われています。

これは、現代社会が、精神的な健康を脅かす要因に満ちているということを示しています。

現代社会が、精神的な健康を脅かす要因に満ちている理由

現代社会が、精神的な健康を脅かす要因に満ちている理由は、以下の3つが挙げられます。

  1. 多様化する社会

現代社会は、価値観やライフスタイルが多様化しています。そのため、自分の価値観や生き方と、社会の価値観や生き方が合わないと感じ、不安やストレスを感じる人が増えています。

  1. 常に変化し続ける環境

現代社会は、技術革新やグローバル化などにより、常に変化しています。そのため、変化に対応できずに不安やストレスを感じる人が増えています。

  1. 情報化社会

現代社会は、情報化が進んでいます。そのため、SNSやニュースなどから、常に多くの情報を受け取っています。しかし、その情報の中には、不安やストレスを誘発するものも少なくありません。

心理療法を受ける

現代社会で、精神的な問題を抱える人は増えています。しかし、認知行動療法などの心理療法を受けることで、不安やうつなどの精神的な問題を改善することができる可能性があります。

認知行動療法とは、思考や行動の変化を促すことで、精神的な問題を改善する心理療法です。多くの研究で、認知行動療法が、うつ病、不安症、社交不安症、PTSDなどの精神的な問題に効果があることが示されています。

認知行動療法は、10〜20回のセッションで効果が期待できるため、忙しい現代人でも、気軽に受けることができます。

なお,東京ニーチェは情報提供のみを目的としており,医療上のアドバイスや診断を行うものではありません。

ハッシュタグ:

#認知行動療法 #現代人 #メンタルヘルス #不安 #うつ #効果 #科学的 #短期間 #自己肯定感 #マインドフルネス #認知の歪み #行動療法 #認知療法 #対人関係療法 #心理カウンセリング #オンラインカウンセリング

ハートのイラスト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次