ソーシャルメディアの虚像

 ソーシャルメディアの「プライベート」設定でも、実は完全なプライバシーは保証されません。

 ソーシャルメディアに「友達だけ」や「プライベート」の設定を選んでも、情報が第三者に漏れる可能性はゼロではありません。例えば、友達がスクリーンショットを撮ったり、共有したりすることで、あなたの情報が拡散するリスクがあります。さらに、ソーシャルメディア企業自体がデータを分析・販売するケースもあるのです。

 ソーシャルメディアを利用する際は、必要最低限の情報しか共有しないようにしましょう。自分が何を投稿したか定期的に見直し、不必要な情報は削除する習慣をつけてください。

#ソーシャルメディアの虚像

以上のように、オンラインでの安全は多角的な視点と対策が必要です。簡単な変更で大きな安全性が得られる場合も多いので、今すぐ行動を起こしましょう。

9月のバナー
6日のバナー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次