おすすめの日記帳には何がありますか?

日記帳はただのメモ帳以上の存在です。日記帳を毎日の習慣として取り入れることで、自分自身の心の整理ができるだけでなく、過去の経験や気づきを後から振り返ることができます。さらに、日々の成長や変化を感じることができ、自分の人生の中での価値観や目標を見つめ直す手助けとなります。そして、それは長期的な目標達成にも寄与します。日記帳は自分だけの時間を持つためのツールとしても機能します。忙しい日常から一時的に距離を取り、自分と向き合う時間を持つことで、精神的なリフレッシュや新しい視点を得ることができます。 今日から、あなたも日記帳を使って、自分の気持ちや考えを文字にしてみませんか?日々の小さな出来事や感じたことを記録するだけで、数年後の自分が感謝すること間違いなしです。未来の自分との対話の第一歩を、今日から始めてみませんか?

おすすめの日記帳には、次のようなものがあります:

  • ミドリ「日記 洋書 星柄」
  • アピカ「1年自由日記」
  • 1年日記[ねこ]
  • OIIZREO「365日日記帳」
  • アーティミス 日記帳 3年連用
  • アピカ 10年日記
  • ミドリ しあわせ日記
  • 石原出版社 石原10年日記
  • ニトムズ STALOGY エディターズシリーズ 365デイズノート
  • ディアカーズ 5年日記

日記帳を選ぶときは、自宅で書く場合はB5やA4のノートサイズ、移動中や出先で書く場合はB6やA5などの小さいものを選ぶとよいでしょう。

日記帳のメーカーには、次のようなものがあります:

◇博文館新社

あわせて読みたい

2024(令和6)年1月始まり商品
全国の書店と一部文具店等で好評発売中!
*店頭にない商品もお取り寄せが可能です。
奥付に記載されている商品のNo.をご確認の上ご注文ください。

◇高橋書店

高橋書店
高橋書店 「手帳は高橋」で広く知られている高橋書店は、シンプル・ベーシック・機能的で使いやすさを追求した手帳、日記、家計簿、カレンダー、さらに各種書籍の出版事業を展開して...

おすすめ検索
どんな手帳・日記をおさがしですか?おさがしの項目を下記より選択してください。
ご要望にあわせておすすめの手帳・日記をご提案します。

◇エイ出版社 Ei Publishing

エイ出版社
趣味の雑誌・趣味の本を発行するエイ出版社 あらゆる趣味の雑誌、本を発行し、新しいライフスタイルを提案するエイ出版社オフィシャルサイト。最新発売情報をはじめ、趣味の記事や生活の知恵などをお届けします。

◇集文館

あわせて読みたい
集文館 - 日記・実用書を出版している出版社 集文館が出版する日記や手帳、その他実用書・辞書・ビジネス書をご紹介させていだいております。

◇日本能率協会

https://jmam.shop/shopbrand/ct2/

【2024年1月始まり】能率手帳GOLD

◇ダイゴー

2024年版の手帳ならダイゴー | ダ...
2024年版の手帳ならダイゴー | ダイゴー株式会社 - 2023年手帳の発売が開始されました。ダイゴー株式会社は1945年創業以来、品質にこだわり、人生をサポートする手帳を国内自社工場で生産するメーカーです。オリジナル手帳、...

2023年手帳の発売が開始されました。ダイゴー株式会社は1945年創業以来、品質にこだわり、人生をサポートする手帳を国内自社工場で生産するメーカーです。

◇デザインフィル DESIGNPHIL

株式会社デザインフィル Designph...
株式会社デザインフィル Designphil Inc. デザインを通じて生活を楽しくするインスピレーションを提供し、人々のコミュニケーションを豊かにするデザインカンパニーです。

◇ディスカヴァー・トゥエンティワン

ディスカヴァー・トゥエンティワン...
ディスカヴァー・トゥエンティワン 「視点を変える、明日を変える」ディスカヴァーの公式サイトです。書籍、プロフェッショナルが愛用する手帳、オーディオブック・映像などのデジタルコンテンツを提供してい...

はじめての目標達成ノート

日記帳のメーカー選びは、ただのブランド選び以上の意味があります。 日記帳のメーカーは、単にページのデザインや紙の質だけでなく、その背景にある哲学やビジョン、技術をもっています。特定のメーカーの日記帳を手にとると、そのメーカーが大切にしている価値観や、ユーザーへの思いやりが伝わってきます。例えば、耐水性のインクを使用したり、環境に優しい素材を選ぶなど、日記帳一つを通じても多くのメッセージが込められています。このように、日記帳のメーカー選びは、自分の価値観やライフスタイルを反映するものとして、非常に重要な意味を持っています。 あなたも日記帳を選ぶ際は、ただのデザインや価格だけでなく、そのメーカーの背景や哲学、技術を知ることで、より深い意味での満足感を得ることができます。次回、日記帳を手に取るときは、その背景を知る楽しみを持って選びませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次