効果的なメモを取るための一般的なアプローチとテクニック

メモろう「実践編」のバナー

メモの取り方は、その目的や内容、そして個人の好みや状況に応じてさまざまです。しかし、効果的なメモを取るための一般的なアプローチやテクニックは以下のようにあります。

  1. 目的を明確にする
    • 具体的なアクション: ミーティングや講義の前に、その内容や目的をあらかじめ確認し、自分が何を得たいのかを明確にします。例えば、「このミーティングでの決定事項を把握する」や「新しいプロジェクトの概要を理解する」といった具体的な目的を設定します。
  2. キーワードやフレーズに注目する
    • 具体的なアクション: 講義やミーティング中、話し手が強調する言葉や繰り返し言及するポイントに注目します。また、変更点や重要な数字、日付なども重要なキーワードとしてメモします。
  3. シンボルや略語を使用する
    • 具体的なアクション: よく使われる単語やフレーズには独自の略語やシンボルを定義します。例えば、「参照」を「ref.」、「情報」を「info.」と略すなど。
  4. 階層的に情報を整理する
    • 具体的なアクション: 大きな見出しやテーマごとに区切り、その下に詳細や関連するサブポイントを箇条書きで書きます。
  5. 図やマインドマップを利用する
    • 具体的なアクション: 複雑な情報や概念の関連性を示すために、フローチャートやマインドマップを描きます。中心にメインのアイディアを書き、そこから関連する情報を枝分かれさせていきます。
  6. カラーペンやハイライトを利用する
    • 具体的なアクション: 重要な部分やアクションアイテム、疑問点など、カテゴリごとに異なる色のペンやハイライトを使用します。
  7. 余白を残す
    • 具体的なアクション: メモ帳やノートの1ページごとに左右や下部にスペースを残すことで、後から追加情報や補足を書き足すスペースを確保します。
  8. 定期的に復習する
    • 具体的なアクション: 定期的にメモを見直し、不明確な部分や追加情報を補足します。また、メモの内容を整理して、一つのテーマやトピックごとにまとめ直すことも有効です。
  9. 独自のシステムを作る
    • 具体的なアクション: メモ取りのスタイルや記号、カラーコードなど、自分専用のシステムを作成して一貫性を保ちます。例えば、疑問点は「?」、アクションアイテムは「!」のようなシンボルで示すなど。
  10. デジタルツールを活用する
    • 具体的なアクション: Evernote、OneNote、Notionなどのノートアプリを利用して、情報の保存、整理、共有を行います。また、タグ機能や検索機能を活用して、情報を迅速に見つけ出すことができます。

これらのテクニックはガイドラインの一つとして参考にしてください。最終的には、自分のスタイルや状況に合わせて調整し、最も効果的なメモ取り方法を見つけることが大切です。

9月のバナー
21日のバナー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次