アフターコロナの「居独」とは!?

「居独(きょどく)」: 「おひとり様」の現象が進化し、「居独(きょどく)」という新たな行動トレンドが登場しています。これは一人で何かに取り組む過ごし方を指し日記を書くこともその一環となっている可能性があります。

「新たな行動トレンド「居独(きょどく)」を楽しむ人が増加中!」というタイトルで、電通のプロジェクト「DENTSU DESIRE DESIGN」による消費者行動の分析を紹介しています。居独とは、一人でいる時間を大切にし、自分と向き合いながらリラックスとリセットを求める行動トレンドを指します。このトレンドは、新型コロナウイルスの影響で一人で過ごす時間が増えたことから、より注目されるようになりました。

記事では、居独を楽しむ人々の行動傾向や、マーケティングにおける居独の活用方法について詳しく解説しています。具体的には、一人で行動することを好む消費者が約75%に上り、これは全ての性別と年代において共通していると報告されています。また、他人の目を気にせず自分の感性や価値観を大切にする傾向が強まっており、個人主義が主流になりつつあることが示されています。

居独のトレンドをマーケティングに活用するためのヒントも提供されており、一人の時間を豊かにする商品やサービスの提供、パーソナルな感覚を重視したブランディング、スキルアップや自己成長につながる商品やサービスの提供が重要であるとされています。

このトレンドの背景には、コロナ禍での生活様式の変化や、個人主義の台頭が影響していると考えられます。今後もこのような消費者行動の変化に注目し、マーケティング戦略を適応させていくことが重要でしょう。

あわせて読みたい
新たな行動トレンド「居独(きょどく)」を楽しむ人が増加中! | ウェブ電通報 「ひとりでいることがネガティブではない時代」に。「孤独」はマイナスのニュアンスが消え、ニュートラルに変化。大事な時間として認識されるようになりました。 「DENT
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次