罫線あり,なし,どっちがいいの?

メモろう! の文字
いろいろなメモ紙

一見すると単なる紙の枚。しかしこのメモ帳が、私たちの思考やアイデアの宇宙を形作ります。

罫線ありのメモ帳は秩序と構造を提供し、目的と方向性を明確にします。例として、プロジェクトマネージャーはこのメモ帳を使い、タスクリスト、計画、進捗を整理し、チームとのコミュニケーションを図ります。特に数値やリスト、明確なステップを記す際、罫線は項目をスムーズに追いやすくし、情報を迅速に伝え、分かりやすくします。罫線がガイドとなり、整然とした情報が視覚的に把握できるので、ミーティングでのプレゼンテーションや報告も効果的に行えます。

一方で、罫線なしのメモ帳は創造の自由を拓きます。デザイナーが新しいロゴ案を考える際、彼女はこの無限の空白を用いて、自由な発想とスケッチを繰り広げます。制約がないため、アイデアは無作為に、そして無秩序に広がり、交差し合います。そこから新しいアイデアが生まれ、初めて見るデザインが紙上に実現します。ストーリーテラーもまた、罫線なしのメモ帳に感じたことや閃いた情景を自由に書き残し、新しい物語を生み出します。

さらに、料理人であるある男性は、罫線ありのメモ帳にレシピや材料リストを整理し、その日のメニューをプランニングします。彼にとって罫線は、材料や手順を明確に分かりやすくする道具となります。一方、彼の奥さんである詩人は、罫線なしのメモ帳に言葉のフレーズや心の動きを自由に書き留め、新しい詩を紡ぎます。

罫線ありとなし、どちらのメモ帳もその使い方ひとつで私たちの創造力や計画性を大きく左右します。私たちの日々の業務やライフスタイルにおいて、これらのメモ帳をうまく切り替えて活用することで、具体的で計画的なアクションと、フリーフローのクリエイティビティを最大限に発揮しましょう。今日からは、あなたの手元にあるこれらのツールを、一層意識して活用し、日々の生活と仕事に、新たな可能性と色を添えてみてください。

#秩序と自由の融合

#メモ帳は可能性の扉

#創造と計画の共演

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次