紙のメモ帳の具体的な商品を系統別にまとめました

ノートと鉛筆と紅茶

日本を含めた多くの国で普及している、身近な紙のメモ帳の具体的な商品を系統別にまとめます。

1. スタンダードなノート

  • コクヨ: 「キャンパスノート」は、学生から社会人まで幅広く利用されている。方眼、罫線、無地などのバリエーションがあり、書きやすさが特徴。
  • 無印良品: シンプルで機能的なデザインのノートがあり、多くの家庭やオフィスで使われています。

2. プレミアムノート

  • モレスキン: 世界中で人気のあるノートブランド。クラシックでシンプルなデザインと質の良い紙が特徴。

3. 手帳・プランナー

  • ほぼ日手帳: 日本発の手帳で、一日一ページのフォーマットやトム・リバー社の紙の使用などが特徴。
  • システム手帳: リフィルが交換できる手帳で、コクヨの「ジブン手帳」やフィロファクスなどが有名。

4. スケッチブック

  • 無印良品: 良質な紙を使用したスケッチブックがあり、価格も手頃。

5. ポストイット・付箋

  • 3Mのポストイット: 世界中で広く使われている付箋。さまざまなサイズや色のバリエーションがある。

6. ダイアリーやジャーナル

  • 無印良品: シンプルで使いやすいデザインのダイアリーやジャーナルが人気。

これらは日本や他の国でも非常に身近に普及しているメモ帳や手帳の一部です。どの商品もそれぞれに特徴があり、用途や好みに合わせて選ぶことができます。

9月のバナー
25日のバナー サンキュウの文字
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次